注目の記事

管理体制の信頼度

入力が進む

パソコン等でデータを保存しておくhddは何かしらのことで急に故障を起こすことがあります。 故障理由としては様々ありますが、故障してからの対処としては修理できそうであればすることが望ましいですが、たいていはhddの基盤の部分が破損してしまうかコンデンサーがショートして起きる事が多いです。 故障寸前また故障した際に見せる動作としては 1、hddから今まで聞いたことがない異音がする 2、同じ動作をなんども繰り返す 3、パソコンの電源を起動しても反応がない 特に2番目、3番目の動作が起きてしまう、手の施しようがなくなります。データも救出ができなくなります。1番目の動作が発生した場合は中身が見れる状態であれば、大事なデータだけを別のhddかフラッシュメモリに移すことだけを考えてください。) 3つのうち一つでも起きた場合はいさぎよく諦めて新しいhddを買う事をすすめます。 ちなみにhddは熱と衝撃に弱く、また落雷とかでも故障したりすることが多々あります。

hddは長年使っていると中身の基盤やコンデンサーが劣化していくため故障しやすくなります。そのために日頃からのメンテナンスや掃除、対策を考えておく必要があります。 1、掃除を定期的に行う 2、雷がなっているときはパソコンを付けないようする 3、hddを持ち運ぶ場合は万が一の落下に備え対策をとる 4、大事なデータなどのバックアップを別のhddにとっておく 5、冷却対策をしっかりとること 6、長時間パソコンをつけておかない この6つを日頃から守っていれば故障は抑止できます。 またパソコンなどを使っていてhddに何かしらの違和感を感じた場合はフリーソフトなどで中身を診断してくれる診断ソフトなどもあるためそちらを活用してみるのもありかと思います。