注目の記事

企業のシステム

電話をかける

データセンターとは、サーバやストレージをホスティングしておける環境である。企業が持つ業務システムは、業務中のシステムダウンは絶対に許されない。このため、電源設備や災害対策が予め担保されたデータセンターを利用するのである。 現在、データセンターを提供している企業は多くある。そのため、利用にあたってはいくつかの選定基準を持つ必要がある。 1つは、費用である。データセンターに求める機能やサービスによって金額は大きく変動するが、最低金額のラインを見定める事は重要である。 2つ目は、場所である。H/Wの故障や緊急の対応が必要になった場合、あまりにも遠隔地のセンターを利用していると、復旧作業に支障をきたす場合がある。 このような選定基準を明確にした上で、見積もりの請求を複数社に対して行うことが好ましい。今ではどのデータセンターも、インターネットのサイト上から請求が可能である。

データセンターを主に利用するのは企業である。企業が使用している業務システムは、そのサーバを企業内に設置する事はほぼ無い。これは、地震などの災害対策上の問題や、サーバを保管するための空調などの設備が整っていないからである。 データセンターの利用はそんな企業から見て、いくつかの利点がある。 1つは立地条件である。データセンターの多くは、地震の発生頻度が低い個所や、川の氾濫などが発生しても比較的安全な場所に設立されている。これは、もしもの時にも安全にデータの保全を計りたい企業にとっては大事なポイントである。 2つ目は電源設備である。停電が発生した際にも、安定して電源を共有できる仕組みが構築されているため、サーバの保全性は高く保たれる。 3つ目は監視体制である。これはオプションとして提供されていることがほとんどだが、H/Wの見回りなどをデータセンターの人間が代行してくれるため、人権費を低く抑える事が可能である。