注目の記事

特徴を知る

ビルの建設

現在の外付けhddでは、主に2.5インチあるいは3.5インチの磁気ディスクを用いたハードディスクを搭載させた製品が一般的です。それらの主な利用目的は、TVの映像録画用やDVDレコーダーの拡張ディスクとして用いられたり、ノートパソコンの外付け拡張hddとして利用されるのがほとんどです。据え置き型で利用するのが一般的の映像録画用拡張ディスクの場合、設置後は大きな外来衝撃等を受ける事がありません。そのため機構的な問題が生じることはほぼありません。一方パソコンの拡張ディスクとして利用する場合、携帯時にぶつけるなどの不慮の事故などで外来衝撃を受ける事があります。これにより機構部品に問題が生じる事が多く、最悪はデータの復旧を行う事ができない場合もあります。そのため、磁気ディスクの代わりとしてメモリディスクを搭載した製品の利用があります。電子部品を利用しているため、消費電力をおさえながら、高速に読み書きができます。また、物理的な衝撃等にも影響がないため、取り扱い安い製品となっています。

パソコン用外付けhddのデータ復旧を含め、一般の外付けhddのデータ復旧にはファイル管理システムの技術的な知識が必要になります。ファイル管理システムでは、一般にファイル名やフォルダ名あるいはディレクトリ名といったファイルに関わる情報を管理記録する部分と、実データを記録する部分で構成されています。単純な誤作業によってファイルを消去してしまった場合などには、ファイル名情報は消去されていても、実データは記録されたままの状態の場合がほとんどです。そのため、ファイル復旧ツールを利用すれば簡単にファイルを復旧させる事が可能です。ただし、実データが完全に記録された状態のまま残っているかどうかは保証はありません。これは、磁気ディスクドライブを搭載したものでも、メモリドライブを搭載したものでもまったく同等です。そのため、万一データ復旧作業を行う場合には、個人で作業を行うよりも、専門知識をもった外部専門業者に依頼するのが得策です。